シビック 存続理由 ネットの反応は

シビック 存続理由 が注目されています。
ネットの反応はいかに・・・

シビック 存続理由報道

 

ホンダは、2020年1月23日にマイナーチェンジした新型「シビック」を発売しました。外装デザインの変更がおこなわれたほか、安全装備も強化されています。

 

一方で、シビックはホンダのなかで歴史あるモデルではあるものの、販売面において現在は主力モデルとはいえない状況です。ホンダは、なぜ今回シビックの改良をおこなったのでしょうか。

東京オートサロン2020で公開された新型「シビック」
シビックの歴史は、1972年7月12日に発売された初代モデルからはじまります。

 

当時、世界一厳しいといわれたアメリカの排気ガス規制であるマスキー法をクリアしたCVCCエンジンを搭載したモデルが、1975年に追加されて話題となり、その後シビックはホンダを代表する小型モデルとして歴史を重ねます。

 

そして、2010年に8代目モデルの販売を日本市場で終了して以来、国内でのシビックの歴史は一旦途絶えます。その後、2017年7月に現行の10代目モデルを日本市場へ再投入。限定車を除くと7年ぶりの復活となりました。

 

ラインナップはハッチバックとセダン、そしてスポーツ仕様のタイプRです。

 

ホンダを代表するビックネームの復活となったシビックですが、売れ行きは復活後も絶好調とはいえません。

 

日本自動車販売協会連合会の発表する登録車販売台数トップ50によると、シビックは2018年の年間ランキングに37位(販売台数:1万8287台)にランクインしましたが、販売台数はひと月あたり1524台と、同社のなかでも販売上位ではありません。

 

ボディサイズが近く、ハッチバックとセダンを揃える点で共通するスバル「インプレッサ」が、同じ2018年にひと月平均で4516台を売り上げたことと比べても、シビックが好調とはいい難いでしょう。

 

その後、2019年の夏頃にシビックは一度注文受け付けをストップ。そして、今回マイナーチェンジを受けることになりました。

 

ホンダは、なぜ主力モデルとはいえないシビックに改良を施し、モデルを継続させたのでしょうか。ホンダの販売店スタッフに、販売現場でのシビックの評判について聞いてみました。

 

「当店では、シビックを買うお客様はほとんど指名買いで、競合するクルマはありません。多くの人はシビックの復活を待っていたとおっしゃいます。

 

ハッチバックとセダンを比較すると、パワフルなハッチバックに人気が集中しています。MTとCVTを選択できるハッチバックではMTを選ぶ人も多く、当店ではタイプRの販売も好調です。

 

現在、このクラスのMT仕様は設定がない車種も存在するので、こちらも『待っていた』というお客様が多い印象です」

 

ハッチバックとセダンで搭載されるエンジン(1.5リッター直噴VTECターボエンジン)を比較すると、ハッチバックはハイオク仕様で最高出力182馬力を発揮し、セダンはレギュラー仕様で最高出力173馬力と、ハッチバックの方がスポーティカーらしいセッティングです。

 

前出の販売店スタッフの「タイプRの販売も好調」という証言とあわせると、4ドアの実用車としての使い勝手も併せ持ったホンダらしいスポーティカーという立ち位置で、モデル存続が果たされた格好になったといえるでしょう。

 

別のホンダ販売店スタッフにも話を聞くと、シビックについて次のように話します。

東京オートサロン2020で公開された新型「シビックタイプR」
「弊社には、シビックより車格が若干上のハイブリッドセダンとして『インサイト』が存在します。インサイトは、実燃費で20km/Lを超えるほどで、街乗りなどの普段使いが中心で距離もそこそこ走る、という人にインサイトはおすすめです。

 

一方、シビックは運転を楽しむクルマとしての性格が強いです。ハンドリングもスポーティに感じますし、ついアクセルを踏み込みたくなるような味付けになっています。

 

 

ユーザーからは『つい積極的な走りをした結果、(カタログ燃費がWLTCモードで16.4km/Lであるにも関わらず)実燃費が10km/Lくらいになってしまった』という声も一部から聞かれます」

 

現行シビックの特徴のひとつに、単一のグレード設定しかない点があります。車両価格(消費税込、以下同様)はハッチバックで294万8000円、セダンで276万1000円と、200万円台前半からラインナップがある他社の競合車と比べるとやや割高です。

 

その分装備は充実しており、アルミホイールやLEDヘッドライト/フォグライト、本革巻きステアリングホイール、シートヒーターが標準で装着されるほか、ミリ波レーダーや単眼カメラを用いた安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備します。

 

車両価格が競合するモデルと比べて割高に見えてしまうものの、充実した装備が魅力といえるでしょう。

 

なお、シビックのフラッグシップモデルとなるシビックタイプRは今回のマイナーチェンジでは登場しませんでしたが、2020年夏に発売予定と予告されています。

 

現時点では詳細なスペックは発表されていないものの、東京オートサロン2020でサプライズ展示された車両を見ると、フロントウインドウのセンサーやステアリングスイッチの配置などから、ホンダセンシングが新たに装備される、と予想されています。

 

ホンダは、シビックタイプRの改良モデルについて「サーキットにおける走りの限界性能を高めるために、エンジンの冷却性能と、ブレーキ性能を向上させ、クルマの『走る・曲がる・止まる』を中心にアップデートをおこないました」と、コメントしています。

 

2022年に発売から50周年を迎えるロングセラーモデルという立ち位置と、使い勝手の良さも兼ね備えたスポーティモデルという立ち位置を担うシビックが、これからどのような歴史を積み重ねていくのか注目です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00218805-kurumans-bus_all

 

シビック 存続理由 ネットの反応は

名無しさん
日本では売れゆき好調とは言えないがアメリカ、中国、東南アジアでは売れている様だから存続の危機と言うより、日本販売中断の危機でしょう。シビックはいつの間にかグローバル戦略車になって日本の市場は二の次になった感じかする。それでもで装備仕様と価格を見直して割安なモデルを設定すればもう少し売れると思う。
名無しさん
どれだけ伝統のモデルだったとしても、土地も使われ方も全く違うアメリカ向けにモデルチェンジさせたんだから当然な気がします。それがホンダの狙いでもあると思う。
日本にはNボやフィットあるし。
32sum
年始にグアム行ってきたら、シビックめちゃめちゃ走ってた。クーペやタイプRももちろん、カスタマイズした車もあり、カッコ良かった!
元々環境とニーズが違うから、購入の際の天秤に掛ける人は限られてると思う。いや、欲しいか要らないかに分かれるのかな?
でも購入した人しか分からない魅力が、この車にはある。そもそも今だに走ってると珍しそうにガン見する人いるし。
名無しさん
もう日本では軽かミニバン/ワンボックスしか売れない。
これが現実なんだよね。
若者の車離れとか言うけど、若者が好みそうな車を開発販売する体力が自動車メーカーには残っていないのではないか。若者向けの車を作ったところで、販売台数はしれてるし。
それよりも老人が安全装置の付いた安い軽に乗り換えてもらう方が売り上げが見込めるからね。
さびしいなー
シビックハッチバックとか結構好きなんだけど。
名無しさん
以前、ワシントンに観光に行ったとき、初代シビックがマスキー法をクリアしたクルマとして国立アメリカ歴史博物館に展示されているのを見て、日本人として誇らしげに思ったことを覚えています。
4Kamasu
ネット時代になる前は、各車種の販売台数なんて一般の人は知ることはなかった。自動車専門誌の巻末にあるランキングをこっそり見て楽しむ程度だった。
ところが今では、こうやって毎日のように数が拡散され、それに伴い、売れない=悪のようなイメージも広めていく。
海外で売れるクルマを日本でも欲しいという人がいるから売っているという現状はもはや認めざるを得ないのだから、自動車メディアは、それを全部知っているのなら、こういう貶めるような書き方はやめてほしい。
良くない車の問題点は指摘すべきだが、数で評価をするような記事は、誰もが数を見れる今、もはやほとんど意味がない。
むしろ、売れていないクルマだからこそ楽しもうという方向性も見せないと、自動車メディア自身が長い目で見れば、自分の首を絞めていくことになると思う。
名無しさん
そりゃ、企業でいえば看板みたいなかんじだからな。車メーカーがF1にでるのもF1を売るためではなく企業としてのブランド力や知名度を高めるため。
シビックは代表的なホンダの看板車種。
4ZERO
国内以外は見えてない記者の駄文。
北米等では売れている車種だし生産も向こう。
だから向こうで改良があれば国内も改良。
それくらいは気づいてもいいはずなんだけど…。
そもそも金のない日本人は軽を買い漁り
家族持ちは「万が一」を考えて1年に1回あるかどうかの
7人乗りのミニバンを買い漁る。
時代の変化に着いていけない昔を知る貧乏人は
90年代のサイズと値段を基準に批判する。
金がある層は国内メーカーをとりあえず見下して
国産は辛うじてレクサスに乗るか欧州車を選ぶ。
名無しさん
前回、国内通常販売が途切れた時のFD型シビックに乗ってて、それに概ね満足してる客から見れば現行は結構納得の車だと思うのだが。
少なくとも俺はそう思っている。
そしてもう十年以上経ってるので、メーカーとして手放したく無いであろう、定期的に買い替え検討する優良顧客が動き出す時期だ。
販売と改良を止められない時期だろう。
名無しさん
もはや日本においては売れない車=不人気車という考え方は除外すべきだろう。車は使い方に応じて本来は広範囲に車種があっていいものだが、日本は若者が車に魅力を感じなくなり動けば良いとは言いすぎになるが、話題の対象にされなくなった。
免許を早く取得して自己の車を所有したい願望が強かった時代は過ぎて、もはや貯金が出来ず老後の生活まで考える有様である。
確かに車の価格は上昇している。軽がファーストカーになる懐状況でメーカーも軽に付加価値を考えるのも解る。
さてシビックだが本来は1.6Lが有力なスポーツ車だが、日本はSUVしかスポーツをしようとは考えず、車高の低い本格的なタイプは数少ない。
また3ドアが本来のスタイルのはずだが、実用まで考えると4ドアになり不景気な状況に起こる傾向だ。MTの方が絶対楽しいはずだが、家族を考えると厳しい選択だ。価格も本気で売る気があるのか疑問でここが厳しい現実だ!
名無しさん
私が初めてCIVICを購入した1980年代には最上級モデルの1600Siでも諸費用・値引き込みで150万円前後で買えた。
その後EG・EKと変わる内に型式が8代目のFDになってから2BOXハッチバックをセダンに変えて日本国内よりも海外市場重点にモデルチェンジを重ねて今の型に至るが、タイプRは別格としてもMTが存在するモデルで260万円超、諸費用等入れると300万円前後になってしまう。
本来大衆車であるシビリアン(市民)を意味する言葉からシビックとなったが、当時と装備が段違いとしてももはや一般的な庶民の乗れる価格では無くなってしまった。
日本で売るならばもっと若者世代がスポーティモデル入門用としてソリッドで安価なモデルの設定が必要だと思います。
名無しさん
シビック(市民)という車ではなくなったようですね。
今の日本はNシリーズが市民の足になったようだし
棲み分けとしていいのではと思います。
外国では代表的日本車として売れているようですし。
名無しさん
インプレッサは、XVを含めた台数なので、比較対象にしてはいけません。スポーツとG4だけなら、シビックと変わらないと思います。
5謎の彼氏Z
シビックは海外では売れているから問題ないんじゃない。
欲しい人が指名買いするんだから国内販売もありでしょ。
先進装備が標準装備になってくると他メーカーの車両価格もドンドン上がるのは間違いないでしょう。
MT車が選べるのも今では中々ありませんから残してもらいたいものです。
名無しさん
まあ世界では売れているので、そもそも車種を廃止する理由は無い。
日本市場に投入するメリットは少ないかもしれないが、まあホンダの代表的かつ歴史ある車種であるのは間違いないし、タイプRなどは走る広告塔として、台数は少なくとも販売を継続するのが良い。

>クルマの『走る・曲がる・止まる』を中心にアップデートをおこないました
タイプRはさらに安全な車になって帰ってくるということですね。

名無しさん
シビック全盛期の90年代前半と比較すると、
今のシビックは、当時のアコードとほぼ同じ大きさ。
そして、当時のシビックと同じ大きさなのが、トヨタの86。
そう考えると、当時のシビックをたまに街で見かけると、スポーツカーのように見えるのも納得。
車体が小さく、車高が低いから、地を這うようでかっこいい。
今のシビックも素晴らしい車だが、セダンでありながらスポーティモデルもあったアコードと思うと、私にはしっくりくる。
日本の狭い道路だと、昔のシビックや86を乗りたいなと思うし、
アメリカなど広い道路だと、今のシビックやアコードが乗り心地がよいだろう。
5そーらそらそら
現行初期型ハッチバックの予約購入組です。
子連れでも使いやすく、MT設定ありのハッチバックとのことでネットでの噂時代から気にしてました。
昔のシビックとのGAPを感じる層がいるのも理解はしつついい車なので飽きがこない車です。
名無しさん
自分もそうだが価格は高いがタイプRというブランドを買いたいと思う購買層がいる。
走りは楽しいし、何十年乗っても下取りは高い。
今や車の楽しさを味わえる車が今は少ない。
ホンダには今後も期待している。
名無しさん
若い時に身内の関係でグランドシビック乗ってました。
年月が過ぎシビックも進化してきましたね。
今のシビックもいいですが小さくて軽くて…という思いで乗っていた自分には違和感あったかな。
シビックらしくないというか…
車自体は素晴らしいと思いますよ!
名無しさん
あまり車に興味ない女性ですが、先日夜走るシビックを見て久々にカッコイイなぁ!!と思いました。
最近流行のイカツイ感じじゃなくて、スマートなカッコ良さ。
外車みたいな気取った感じも無くて、ナチュラルで素敵。
でも高い。若いうちは買うの大変だし、中年になればファミリーカーが主流。老後ではちょっと若すぎるデザインだと思うのが一般的で、重々しさや安全性重視になるだろう(私は若々しくて良いと思うが)
需要が少ない理由はこんな感じなのでは?
でもカッコイイ!若い時にこんな車の助手席に載せて貰いたかったなぁ?って思ったわ。
若かりし頃の夫の車。デートでは雨漏りさえするボロ車だったwあの時は興味無かったから全く気にしなかった。
4アイアンマン
シビックがでっかくなったとか高くなった言ってる人は
もうシビックが日本の車じゃないって事を理解していない
日本で販売中止して以降北米で育ってきた車。それを今更あれこれ言うのは
時代錯誤もいい所
名無しさん
初めて給料貯めて買った車が『シビックフェリオ』だった。室内も外から見るより広くって良い車だったなぁ。モデルチェンジしていくたびに後部座席の高さが低くなっていって買い替えの時は諦めた経緯あり。若者受けするデザインにしたようだけど、あの頃から若い子達は車にお金かけずに遊びにお金かけてる方が多いから、いつの間にかなくなっちゃったよ。
今ターゲットにするなら荷台に車いすも載せられるぐらいの4?5人乗りの車が必要かも。
名無しさん
2リットル5ナンバーの軽量スポーツカーはもう無理なのだろうか・・
サーキットを走る車じゃなくて日常で刺激的に楽しく走れる車が出てほしい
(道交法違反の飛ばし方をするという意味ではなく)
10hiro
昔のシビックは小さくてFitのようだった
どんどん大きくなってまったく別の車になった
アメリカの80年代はホンダ車はカッコよくて人気があった
独自のスタイルがあって
特にプレリュードはBMW3シリーズみたいな
存在に近かったかも
名無しさん
フィット3のMT乗ってます。
ホンダでそこそこの大きさで、MTはシビックしか選択肢がない!
ヴェゼルでMT設定してくれたら、即買いなんだけどな、、、。欧州ではMT設定してるんだから、受注生産すればいいのに。
名無しさん
そもそもハッチバックは輸入車なんだから、多少は高くなるわな。
>実燃費が10km/Lくらいになってしまった
同レベルの馬力のガソリン車なら、街乗り実燃費なんて8㎞/Lくらいなんだから、いい方だと思うけど。
名無しさん
フィットが実質的後継車になるからシビックの存在価値はほとんどないですね。現行フィットも大きく重くなりましたからそれよりコンパクトなサイズの需要はあると思いますが、そこはシティーの守備範囲。シティーを復活してもらいたいですね。
名無しさん
過去のシビックと現在のモデルは全く別物。系譜も繋がらない。車のネーミングに愛着を持たない会社なんで。モデルチェンジであっさり前車のコンセプトを捨て去る。それが突然凄い車を生み出す土壌でもあるが。
0D.K
世界戦略車の話を日本でしてるから全然響かない記事。
私は在タイなのだがcivic相当数走ってますし、私自身も検討しました。
車種の選択肢が少ない東南アジアだとああいったとんがったデザインはウケます。
名無しさん
初代シビックはホンダが4輪車を継続するかどうかが掛かったクルマやった。
当時2年でマイナーチェンジさらに2年でフルモデルチェンジが普通だった時代にノーモデルチェンジ宣言して7年フルモデルチェンジしなかった。
また当時珍しかった量産のリーンバーンエンジンCVCCで非常に厳しいマスキー法(排気ガス規制)をクリアした。
デザインはミニクーパーをリスペクト(パクリと言わないで)した可愛い感じでかなり流行りました。
カローラと言いシビックと言い、あの頃を知るものとして何処に向かうんだろうと思ってしまいます。シティターボⅡの頃ホンダが1Lターボで1Lあたり100馬力を目指すと言ってたけどすでにNAで越えてるもんね。
名無しさん
>シビックはホンダのなかで歴史あるモデルではあるものの、販売面において現在は主力モデルとはいえない状況です。ホンダは、なぜ今回シビックの改良をおこなったのでしょうか。
このライターの頭の中では、「シビックなんてやめちまえ」ということなんでしょうな。そして「主力モデルじゃなきゃ改良(モデルチェンジ)なんてすんなよ」と。
どんなライターなんでしょうか。アタマだいじょうぶなんでしょうか。
名無しさん
昨年購入しました。いい車ですよ、外のスポーティなイメージと違って室内は広い。郊外を走ればエコモードにしなくても18Km/Lは走るし。ちょっとアクセルを踏み込めばまさにスポーツカー。
名無しさん
まだ2、3年先の話しですが、次もホンダ車とりわけシビックタイプRに乗り換える事を考えています。が、タイヤが1本あたり10万円と聞いて尻込みしています。でも、所有してみたいですね。そう思わせる車です。
名無しさん
>一方で、シビックはホンダのなかで歴史あるモデルではあるものの、販売面において現在は主力モデルとはいえない状況です。
「日本では」の一語を入れない理由がわからない。読者にミスリードさせたいとしか思えん。
2アメリカ型資本主義から家族を守る市民会議
E-EG6のような感じで復活して欲しかった。
それなら今でも買おうと思う。
VTECもよかったし、走ろうという気になる。
デザインもシンプルかつテールもおしゃれで、なんとなく欧風な感じもよかった。
今のトヨタ車みたいに、はやりを何でもくっつけて、バカが好む無駄な塊が走っているような車(航空機が美しいのは、可能な限り無駄をそぎ落としているから、機能美)は全く興味がない。
名無しさん
月平均1,500台売れてれば立派な物でしょう。日本国内では、メーカー自身が結果的にそういう車の立ち位置に変質させていったのですから。「おや、シビックだ」と見かけるのはタイプR(目立つし、エアロもたいてい付けてるから)だけで、セダンなどの他のモデルは街中のチョイノリでは珍車状態です。住んでる所のせいもあるでしょうが。アコードはまだあるんですかね?
名無しさん
トヨタ86&スバルBRZを買えない人がインプレッサに乗るんじゃないのかな?
スポーツカーと言えば300万円からになるような個人的な意見です(^^)
スポーツカーの乗り味が少しでもあるのと200万円前半からあるインプレッサに目が行くのは当たり前だし、昔のクソださいインプレッサじゃなくカッコ良くなってるし(^^)
シビックの伝統なんて消費者には二の次の選択肢じゃないのかな?(^^)
名無しさん
トヨタがずっとカローラを販売しているのも同じでしょ。
日産はサニーを切り捨てたけど。
時代の流れとは言え,どんどん肥大化していく車体は個人的にはちょっといただけない。
コンパクトな車にはコンパクトなりの魅力があるんだが,まあメーカーとしては売れなきゃしょうがないから仕方ないか。
名無しさん
台数が稼げていない要因に大事なことが抜けている気がします。
それは納期・・・イギリスでの生産の影響と日本導入でここまで売れると思っていなかった日本側の思惑からか日本向けに割り当てられる数量が実質制限がかかり、欲しいと思って注文しようとしても半年先とか下手したら1年くらい待たされる状況ではお客さんがほかに行っちゃいます。私もFD2乗りですが、これを買おうと考えると車検1年前くらいには注文しないとやばそうと感じてます。
名無しさん
やはりいくら装備が充実しているとは言え値段が高い。本気で売ろうと思ったらもう少し安価なグレードを設定すべきだと思う。
ホンダは好調の2輪と比べて4輪は利益が出ていないと言う記事を昨年読んだ。その原因が部品の共有化が進んでいないからとも言われている。数を売っても利益が出ないと意味がないと考えているのだろう。
シビックが大きくなりすぎたと言う意見もあるが、RAV4はあんなに大きくなったのに売れている。結局値段相応の魅力があるかという事が大事なんだと思う。
名無しさん
簡単に言えば 団塊の世代を狙っていると思う。シビックの名前にひかれる。その分 割高でもかんがえているのではないかと思う。
その代価は安全面となっているし 老人の求めるものになっているのではないのか?
私見的には 老人で運転する人を取り込むためでいいと考える。
基本的には 改変を繰り返せば 名前は過去のものにすぎない。
名無しさん
存続危機も何もそもそももう今のシビックはシビックじゃないかと。でかいし値段も高いしシビックの名前を使ってるだけ。
他社に無いほどの低価格、車体も5ナンバーサイズの小ささとかでシビックと称するなら納得するけどターボも付くわ車体もでかいわ値段高いわで面影は一切無い。
現行モデルが好きな方々には申し訳ないけどこれはシビックとは名ばかりの全くの別物だと思う。
名無しさん
ホンダは、現行のカローラシリーズのサイズがないから、日本仕様のシビックはカローラ対抗のサイズと価格の路線で行けばもう少し売れるかも。
でも、開発陣がスポーツ仕様に極振りしてるから仕方ないか。
名無しさん
グローバル戦略車だとか言うけど
それで存続するなら良い話だよね
グローバル戦略の良い使い方だと思うわ
引き合いに出すのもアレだが日産なら逆やっているとおもう
0飛田料理組合
このライターは一体何を言っているのか?
シビックはカローラに次いで世界で2番目に売れているクルマ。
カローラは全世界で6種類のボディがあるのに対し、シビックはハッチバックとセダンの2種類のみ。
シビックはNBOXの2倍以上売れている。
名無しさん
本来、シビックはホンダのコンパクトカーの代名詞であって、現在の3ナンバー化、排気量UPは違うと思う。
世界戦略の材料に使うならインサイトを使い、プリウスの対抗車として存在感を示して欲しい。
名無しさん
値段と大きさでしょうね?
それでも思ったよりは売れている感じ。
RAV4に比べればただ単に大きさだけでもないかもしれませんが、CRVも含めて値段を下げないと客が他に流れるんでしょうね?
カローラスポーツがうまい具合に仕上がっているし、本当に好きな人しか買わない気がする。
名無しさん
コマーシャルやらないからでしょ。
見るのは軽とフリードとベゼルとフィットだけ。
スポーツモデルを売る気が無いのか、指名買いする客だけ相手にしてれば良いという事なのか。
対してスバルは嫌と言うほどコマーシャルやってるよ。
名無しさん
やはりコメントは回顧厨が多くてげんなり。昔のシビックのポジションはフィットが受け継いだんだから、今さら『あの頃のシビックに戻せ』なんて言うだけムダでしょ。素直に『新型フィットでもRSを復活して』と言えばいいのに。
1pipipo
安くて性能が良いからシビックなのであって、高いのにコレかよってしか思わない。
そもそもアメリカ向けに作っておいて、日本で売れないとかね、アタリメーダっつーの。
まぁ日本は「まともに運転できない人」用の介護車作りに夢中だから、今更安いスポーツカー作ったところで売れないだろうけど。
名無しさん
ライバルのMAZDA3やインプレッサG4に比べると20万円割高だから、インサイトみたいに8インチナビを標準装備すれば割高感がなくなってもっと売れそうだけどね
名無しさん
色々な装備が充実して、この価格ならって初めて説明受けて分かりました。
あの頃のシビック見てるから、凄く価格が上昇しましたね。
あの頃のシビックなら、買うんだけどね。
名無しさん
ずっとアメリカですが最初の車がシビッククーペでした。日本円で200万ちょいだったと思う。今はフェアレディZで一年落ちだけど260万くらいだった。シビックが294万とか日本は車高いんだね。
名無しさん
ちょっと前のシビック乗りです。現行シビックも好きですが、「伝統」なのは名前だけでモデルチェンジのたびに大きくなり、ターボが付き、価格が上がり…。
昔から皆に言われていることなんですけどね。ユーザーの声は開発者に届いているのかな?と疑問も感じます。
名無しさん
ホンダは不倫していた東出昌大をCMで使っていてイメージがよくないから買わない。実家のホンダ車も売ってトヨタにする。ホンダ車(不倫車)なんて買ったら実家の親や家族や親戚や近所や友達や会社の上司や同僚からどんな目で見られるかわからない。
名無しさん
ちょっと話が変わるけど、最近のホンダのCMの曲のチョイスがいい!
新しいアーティストの方を知れるのでありがたい!
フリードのCMは怪しくなってるけどね…
名無しさん
今のFITがシビックの役割だった
アコードもだが同姓同名の別人を観てる気分
国内では大きすぎ
名無しさん
シビックは海外ターゲット車では、
タイプRならともかく一般グレード
のCMも少ない、車格、価格、エコ
では上級のインサイトに劣るから
ね!
名無しさん
買い手からしたら他社と競合する必要ない。
燃費・値段なんてどうでもい。
その車が好きだから買うのだから。
大切に長く乗れれば最大のエコカー!!
燃費?値段?国の方針に操られる
カモにはなりたくないね~
名無しさん
そもそもシビックがシビックであったのは2代目までであって、3代目以降は名前のみ継続しているだけだからなぁ。
0:э
日本じゃ売れてないけど海外じゃ普通に人気車種だしね、辞める理由がない
日本だけ販売終了の可能性はあるけど
0ホセ・イマサキ
シビックのトミカ、旧型からすごい中国人に人気。
ものすごい値段で取引されてる。
中国人がシビック大好きなのはよくわかる。
日本人が買うにはタイプRは高額になったな。
名無しさん
欲しい車は山ほどあれど予算的に買えませんね。また心底欲しいと思う車もごくわずかです。次にこれに乗りたいと思う車の1台でしたが50万円ほどアップしてしまいましたね。安全のためとはいえ、こんなもの要らない、人間ダメになるよ・・という装備がいっぱい付いてます。また夢がひとつ消えてしまいました。
名無しさん
5ナンバーサイズで、キビキビと走るのがシビックの魅力だったのに、3ナンバーサイズになって、存在感が無くなったシビックに、もう、客はつかないよ。
名無しさん
海外で売れてるなら存続危機なんてないでしょ。
日本でしか売れてないなら存続危機しかないかもしれんが。
名無しさん
欲しいユーザーにどれだけの買い物の仕方があるのか、ハッキリすべき。
手が出させないのではなく、出させて得するのはけして、メーカーだけではない。
それに関連する全てが得する。
勿論、カー用品店さえ。
売らせるメーカーならば、まず買い易さを提供すべき。
名無しさん
北米では2ドアのクーペタイプも発売されているが、日本では発売されていない。
この辺がホンダのいまいち中途半端なところなんだよな。
シビックtype-Rはクーペでもいいと思うんだよな。通常のシビックに100万~200万上乗せして、走りに特化したtype-Rの購入層って、そんなに4ドアを望んてないと思うし、そういう人達は、とにかく走りとスポーティなフォルムにこだわっているのだからね。
名無しさん
シビックタイプRは魅力がある車だが値段はかなり高くなっていると思う。
名無しさん
大型になりすぎて
日本の道路に合わなくなった--し
価格も高くなりすぎた--。

日本以外で売れたら--
ホンダも文句は無い--だろ。
ホンダ「シビック」は
日本では大衆車とのイメージだから--ね。
0cons///
日本向けは軽、海外向けは大型化。そんな感じですか?
2ドアのコンパクトでスポーティなクルマ、日本でも昔はいろいろ売ってたのに。。。若いころのあこがれだったのに、買える年齢になったらもう売ってないんだもんな。
名無しさん
日本では売れていないかもしれないけど、海外では根強い人気があります。
「存在危機?」なんていう煽りのキャッチを使うやりかたはどうなんだろうか。
1_
カッコいいんだけどデカいよね。
もうひと回り小さいと良いんだけど、それだと海外で売れないんだろうな。
名無しさん
そもそもタイプRとか日本で生産していない外国生まれ
ミニバン好調な日本で大量に販売する気とかあるの?って思います。
名無しさん
少なくとも3ナンバーになった時点で昔の日本人が知っていたシビックでは無くなった。昔のシビックを知っていた者からすれば別の名前を名乗ってほしかったと思う。
名無しさん
う~んどうでもいい。
どんな車でも長くネーミングが続いている事って大事だよね。
シビックに限らず、クラウンだって、残っているし。
カローラだってのこっているし。
3ash
2018年の世界販売台数は81万台で、フォードFシリーズ、カローラに次いで世界3位だそうです。
なにを寝言を言ってるんでしょうか?
名無しさん
初代から見てきた人間としては現行シビックはなんか違うとしか思えない
昔のアコードが今のシビック、レジェンドがアコード、レジェンドが?
という感じで車格が1つずつずれているような
今のシビックとフィットの間が空きすぎているので
この間を埋めるサイズをつくり、それをシビックにすれば
もうちょっと日本でも売れるかもね
名無しさん
シビック(市民)だろ。カローラもそうだが値段が高すぎ! スイフトと勝負しようよ。逆にタイプRなんかは1000万円くらいで市民が買えない価格でいいんじゃないの。
名無しさん
ホンダは一部のマニアか米国向けしか興味がないのか、日本市場で欲しい車のポイントが押さえられてないのでは?
ヤンキーっぽい、リアウイング立てて走り屋の車やロードレーサーなんて何十年前の話って感じ。
F1で頑張ってるから、ベンツに負けないような高性能だけど、エレガントで街中で走っても、遠乗りしても、所有感を満たす車作りを基本にしてほしい。
今度のフィットは路線違うけどいけそうです。
14topppofpoooool
バイク→軽→シビックと高性能な乗り物に進化をしていったホンダ歴史的車であるが、もうすでに大衆が気軽に乗れる車ではなくなってきたシビックは、もはやシビックではない。