Jリーグ観客数 課題

引用:https://pbs.twimg.com/media/D0kdXMOUYAAE__Y.jpg

Jリーグ観客数 課題 が注目されています。
ネットの反応はいかに・・・

 

Jリーグ観客数 課題報道

 

2019シーズン、Jリーグ年間総入場者数が史上初1100万人を超えた。さらにJ1の平均入場者数は初の2万人の大台を突破。前年比108%、約81万人増加した理由とは何なのか? その成功の理由を探り、来季以降の課題を検証した。

 

2019年の観客動員が81万人も増加した理由とは?
2019年、Jリーグの年間総入場者数は1140万1649人を記録した。かつて「1100万人」を目指したイレブンミリオンプロジェクトは、2010年に儚い夢のまま頓挫したが、さらに9年の時を経て、目標へ到達。

 

一度は越えられなかった節目を、越えた要因は何だったのか。

 

Jリーグが公表した『J.LEAGUE PUB REPORT 2019』によれば、2019年の観客動員は80万5907人も増加した。その内訳はJ1が51万6143人増、J2が5万8818人増、J3が5万5375人増、リーグカップ等が17万5571人増。J1の躍進が際立った。

 

もちろん、外部要因はある。2018年はワールドカップイヤーで平日開催が76試合あり、その平均入場者数は1万3498人だった。全体の平均入場者数よりも5566人少ない。一方、2019年は平日開催が44試合減り、32試合にとどまった。この日程の違いにより、2019年は単純計算で約25万人の観客が自然に増えたと考えられる。

 

その一方、2019年はラグビーワールドカップ2019日本大会の影響で、ホームスタジアムが使えず、本来の収容数で開催できない試合が10試合あった。それにより観客は約13万人減ったと『PUB REPORT』では試算されている。差し引けば、2019年は外部要因で12万人ほどの入場者増があったと推測できる。

 

そして、これらの外部要因を除けば、J1で観客が増えた理由として、真っ先に思い当たるのは2018年途中に加入したアンドレス・イニエスタだろう。

 

イニエスタ加入前の2017年に1万8272人だったヴィッセル神戸の平均入場者数は、2019年に2万1491人を数え、年間で約5万5000人も増えた。

 

より大きな恩恵を受けたのはアウェークラブだ。神戸戦では大半のクラブが普段以上の入場者数を記録した。スタジアムの収容力にもよるが、2019年の神戸のアウェーマッチは平均入場者数より48%も多く、約17万人も観客が増えた。J1で観客動員が増えた主な要因は、やはりイニエスタや神戸だ。

 

ただし、このようなスター集客が長続きするかといえば、否だろう。選手は永久にプレーできるわけではなく、ビッグニュースにも鮮度がある。スターの集客は爆発力があるが、あくまで短期的なものだ。長期目標とつながらなければ、持続性は得られない。神戸でいえば、それは「バルサ化」なのだろう。

 

 

フライデーナイトJリーグという見事なプロジェクト
短期的な戦術と、長期的な戦略。この両方が備わって、初めて持続的な成長は遂げられる。

 

その意味で2019年のJリーグは、『PUB REPORT』でも触れられた「フライデーナイトJリーグ」が印象的だった。

 

ファンのコア化、高齢化が課題に挙げられるJリーグにとって、新規ファンの獲得は最重要課題だ。そこでターゲットに定めたのが、金曜日の開催だった。

 

『PUB REPORT』によれば、「金曜夜が最も来場しやすい」と答えたファンは、新規層(前年に0~2回の観戦者)で24%いた。逆に既存層(前年に3回以上の観戦者)はわずか5%。アウェー遠征に問題を抱えるためか、金曜は不人気だった。

 

既存層の反発はあっても、金曜日には新規ファンが眠っている。そこで、これまでは土日中心だったJリーグが、金曜日のニーズを掘り起こそうと動いた。2019年は平日開催32試合のうち、28試合を金曜日に設定。フライデーナイトJリーグを戦略的に実践した。

 

もちろん、ただ金曜日に試合をするだけではダメだ。眠っている人は起こさなければ、スタジアムに足を運んでくれない。何もしなくても自分で情報を調べて足を運んでくれる既存層とは違う。

 

そこでJリーグと各クラブは、金曜日の試合でハーフタイムライブや試合前イベントを数多く実施し、盛り上がりを演出した。その結果、2019年の金曜日開催は、1試合平均1万9348人の観客を集め、全体平均の2万751人と遜色ないレベルに引き上げた。

 

その1万9348人の中には、これまで土日に来場しなかった新規ファンが含まれる。また、金曜日にこれほどの集客が可能ならば、AFCチャンピオンズリーグ出場クラブ等の日程調整も行いやすくなるだろう。メリットは多い。

 

新たなニーズを掘り起こし、金曜日にJリーグを楽しむライフスタイルを提案する。ただし、戦略だけでは実行力がない。この長期戦略を勢いづける“弾”、すなわちイベント企画などの運営的なノウハウが、今のJリーグやJクラブには備わっている。金曜日を徹底的に盛り上げたフライデーナイトJリーグは、長期の運営戦略と、それを実現する運営戦術が見事に合致したプロジェクトだった。

 

運営ノウハウや経営体力の問題が課題
また、金曜日だけでなく、今季のJリーグはゴールデンウィークとお盆の集中的な盛り上げにも力を注ぎ、意図的なハイシーズンを作ることに成功している。

 

競技的にいえば、最も観客を集めやすいのは、開幕節とシーズン終盤のクライマックスだ。逆にその間は、中だるみしがち。だからこそ、2ステージ制が用いられた時期もあった。しかし、2019年のJリーグは、ゴールデンウィークとお盆をターゲットに集中的な盛り上げを行い、その結果、この2つの期間で開幕節と終盤のクライマックスを大きく上回る観客動員を記録した。ゴールデンウィークとお盆を使って、1シーズン制でも意図的なハイライトを作る。そして全体を引き上げる。これもJリーグの見事な戦略だった。

 

金曜日、ゴールデンウィーク、お盆。

 

繰り返すが、これらの戦略ターゲットを実現する戦術として、各Jクラブが運営ノウハウを蓄積してきたことは大きい。戦略だけでは絵に描いた餅であり、戦術だけではその日暮らしだ。「1100万人」を達成した背景には、Jリーグの経営戦略と運営戦術のハイレベルな融合がある。今季J1については、良い上昇を描いたといえる。

 

逆に課題として捉えなければならないのは、J3だ。

 

前述したとおり、2019年のJ3の入場者数は5万5375人増えているが、これは参加クラブが1つ増え、試合数が増加したためだ。平均で見ると、2018年の2419人から2396人に下がっている。

 

J3では、J1やJ2に見られるゴールデンウィークやお盆の入場者数の増加が乏しく、盛り上がりを演出できていない。ハイシーズンがない。これは運営ノウハウや経営体力の問題だろう。すでにJ1で成功した知を共有したり、共有ツールでバックアップしたりと、今後は成熟した経営戦略や運営戦術を、下部リーグまで浸透させる必要がある。

 

今のJリーグは全体的には良い状態だ。数年前はジリ貧が続き、『ゆでガエル』とされたこともあったが、すでに鍋からは脱出した。今は上昇トレンドを作りつつある。各クラブにおいては、この変化の激しい時代に鍋の中に取り残され、茹で上がらないよう、注意するべきだろう。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00010003-realspo-socc&p=1

 

Jリーグ観客数 課題 ネットの反応は

名無しさん
東京と横浜が平均5000人くらい増えてるのが一番大きな要因でしょ。
あと昇格組だった大分と松本の観客数が降格した柏と長崎よりだいぶ多かった。
名古屋とガンバあたりも順位はあまり良くなかったけど観客動員で健闘してる。名古屋は営業努力が凄いらしいね、スタジアムの雰囲気作りも上手いと思う
42チェルシー
マリノス、fc東京に五万人の専スタ、川崎に3万5千人の専スタが整備されれば観客動員はさらに増えるだろうね。後柏も25000人規模に拡張してほしい。首都圏のj1のスタジアムで良いと言えるのは埼スタだけ。観客動員はスタジアムが8割だし、近年増えてるのもガンバに専スタが出来たから。
名無しさん
DAZNがあっても減るどころか増やしてる。
この経営努力はスゴイ!
あとは選手の年俸に少しずつ反映させてほしい!
1億円プレイヤーがガンガン出てくれば、子供達の夢も広がるし、必然的に家族連れも増えてくるのではないかな?
5(゚д゚)シメジ
スタジアムは行くまでちょっと近寄りづらい場所に感じるけど一度行くとハマる
非日常的で初めての人を連れて行っても勝ち負け度外視しても応援スタイルが一体感もあり面白かったって言ってくれる
アウェイだと観光も出来るし一度行ってみると良いと思う
0馬っ鹿
あんまり言いたくないが、神戸以外のj1クラブが神戸戦を最大限まで利用しているのはよくわかる。ファンクラブの案内を神戸戦での優先権なりで、相当広告していた。
特に巨大スタジアムを持っているクラブはそれなりに影響あるだろう。
名無しさん
スタジアムに行くと思いのほか主婦層が多いのは平日の練習見学からのファンサの効果が少なくないと思う。
選手と直に触れ合えるのはJリーグの醍醐味でもあるし、身内意識、地元意識がクラブに熱を与えるし、その熱は長く続く。
「Jリーグなんて」というファンは少なくないけど、個人的にはめちゃくちゃ損してると思う。
毎週アジア最終予選のような緊張感を味わえるしな。
まぁ見方を変えたら苦行でしかないとも言えるけど。
名無しさん
金Jは近隣にJリーグクラブが無い、
テレビ観戦型サッカーファンにとっては非常にありがたい。
金曜日の夜、DAZNでのJリーグ観戦は、
2019年のひとつの楽しみだったな!
名無しさん
Jリーグは単純に見ててクオリティ高いと思う!
こういう話題の時に野球と比べるとすぐ批判があるがプロ野球はこんな努力や将来の未来図を描いてるのでしょうか?
プロ野球は完全に各チーム任せ。
コミッショナーはただのお飾り。
リーダーが動かない組織の未来はないよ。
名無しさん
横浜FM、FC東京が優勝争いしたことが大きな要因だと思う。
G大阪、浦和、名古屋みたいに立派な専用スタジアム使ってるところは順位良くなくてもある程度の観客動員数を誇るから、横浜、東京、川崎にも5万くらいの専用スタジアムできたらもっと伸びると思う。
名無しさん
アクセス悪い陸上競技場でやる試合なんか生で観に行きたくない。テレビで充分。スタジアムがましになればもっと観客数は増えると思う。
名無しさん
「収容人数の大きいスタジアムのチームが優勝争いしたから」と「小さなスタジアムのチームがJ2に降格してたから」という理由も大きいのでは?
名無しさん
後発のJリーグは、プロ野球に比べ最寄り駅からのアクセスが悪い。新国立競技場は、アクセスだけで言えば、外苑前に千駄ヶ谷、国立競技場前と、3駅3路線が使える。外苑前は、半蔵門線と銀座線があるから4路線か。コンサートで東京ドーム、横浜スタジアムは行ったけど、駅近で便利だった。
名無しさん
2019年は長い期間勝ち点が拮抗していて面白かったね。そういうのもあると思うよ?1試合で5?6位分順位変わったもんね。応援しないと!と思えただろうし、たまたま見に行ったその試合で残留決定の可能性もあっただろう。そういう意味でも見どころが多かったシーズンだったからね。
名無しさん
Jリーグがよくやったというよりは、各クラブがよくやったって感じだったけど。
金JもDAZNの意向かと思ってた。
名無しさん
マリノスのにわかスタジアム観戦ファンですが、確かに一昨年の終盤の降格争いは力が入りましたが1番のきっかけは夏頃にやった?ユニフォーム付きチケット。行ってみたら点の取り合いで迫力あるし
日産スタジアムなら完売ないから思いつきで前日でもコンビニやネットでチケット取りやすい。
野球のベイスターズもちょっと行ってみたいが満員御礼でチケット取れないから気が向かない
名無しさん
既存の金曜反対のファンはあくまで「自分が見に行きたい都合ありき」だからな
例えばあまり見て来なかった方がテレビで見てサッカー面白い!!ってなるのは友人と遊んでる土曜日昼より、仕事帰り・学校終わりで自宅にいる確率の高い金曜日19時の可能性は高いよね
2019年の取り組みは見事だったと思います。
9H2O
最初は満員だったけど、後半はヴィッセルのホームでも空席があったのは寂しかった
来季は天皇杯優勝でACLでイニエスタを見れるのは楽しみだ
名無しさん
やたらと来場者の数字を上げてフライデーナイト開催を礼賛している割には、実際に新規層の開拓と定着に繋がるのかや既存層の満足度はどうか等の事後評価が全くないわね。
名無しさん
J2では京都が前年比で30パーセント以上の増加。
集客効果のあるスターが居る訳でもなく、スタジアムはお馴染みの西京極。
試合内容も大事だということです。
名無しさん
少しだけ良くなったレベルだね。これ以上にするためにはやっぱりスターでしょ。各チームにスターを増やすしか無い。
単純に年俸6~10億円くらいで買えるスター(元スターでもOK)を3人くらい取ってきて面白いサッカーすればお客は入ると思うね。
神戸みたいなチームがあと5つくらい出てきてくれればいいけどなぁ。
でも神戸がある程度成功してくれてほんと良かったよ。さすが三木谷さん。
名無しさん
サッカーだけでなく、野球もずっと増加傾向。もっと言えばスポーツだけでなく映画とかコンサートとか、あらゆる「金を払って見にいくもの」が伸びている。
名無しさん
VIP見たいもんなぁ
少なくとも南アフリカW杯で長谷部がJリーグに言及してた時よりは活性化している
Jに大物は必要。
名無しさん
専スタは当然大事だけど雨対策も同じくらい大事かな。
日本は野球、バスケと比べてチケット購入に天候がめっちゃ左右されるからね。
名無しさん
金曜日開催は直接会場に行きづらくして、その分DZANで有料視聴してもらうためでなかったのかな
日本だけ逆の効果にはたらいたのか
1SHIGE
営業努力が報われて嬉しい話題ですね。
2020シーズンも更に盛り上げてください。
陰ながら応援しています。
名無しさん
生で見たい選手がいればお金出してでも行くよ。Jリーグはもっと移籍市場に力を入れるべきだね。
名無しさん
名古屋もお客を呼ぶ為に頑張ってたし、集客面では実際よく頑張ってたよ
名無しさん
DAZNマネーが入って、各チームが色々考える様になったのかな。j1・j2には確実にお金がまわった。
名無しさん
全クラブがアクセスよいサッカー又は球技専用スタジアムに移行したらさらに動員はアップするだろう
0仁エスタ
2019年はイニエスタ、ビジャ、トーレスのお陰。ビジャとトーレスがいなくなったから、今年は新たな補強が必要。人呼べる補強できるのは神戸くらいだと思うけど。
名無しさん
降格
ジュビロ松本山雅
昇格
柏(日立)横浜FC(三ツ沢)

横浜FCは三ツ沢メイン?
ダービーや集客が見込める関東勢を日産でしたら跳ね上がりそうだなぁと他サポ的な考えでわからないんだが横浜両サポさん的にはそれはありえないって感じ?

名無しさん
金曜開催については、DAZNが多額の放映料を払いつつコンサルみたいなこともしてくれた感じ
0tttttttt
ダゾンマネーの効果が大きいと思う。あと川淵三郎さんの下地があったからこそ。
名無しさん
Jリーグは全クラブでビジョンを考えて実行してるのが強み。
野球は各球団の独自の取組み任せてるだけ
名無しさん
プレーのレベルが低くても
やり方次第で興行が成り立つことは
JとBリーグが証明してる
名無しさん
野球と違って、試合時間がはっきりしてるのが良い。
名無しさん
東京都内に専スタ出来たら観に行くかな
それまではDAZNでいいや
名無しさん
サッカーが徐々に『文化』として根付いて来たのもあるのかな
0a
Jリーグが始まった頃の戦略をリバイバルしたってことでしょ
1URNo.9
浦和レッズの集客は減少。